*展示会作品2*

五行歌:香原よう 写真:篠原治樹

日々深まってゆく

寂しさのよう

藍色の空

ますます

蒼く

もう何年

こんなにも

すべてを

抱えたまま

朝を迎える

あまりにも

静かな

夜明けには

君のことを

祈りたくなる

藍色の空の下

君が

少しずつ

消えちゃいそうで

怖かった

ここで声をあげれば

自分の心に

響き過ぎてしまう

そんな気がして

黙っていた

こぼれてしまった

夢の数々

私に

包み込めるはずもなく

悲しいだけ

壊れていく

日常の

怖さ

静かに

佇んでいる

強さと

脆さを

共有させ

まだ呼吸している

場所

優しい光

君が君として

生きられた

場所である

証のように